読書感想文

お盆にあっちこっちでぺちゃくちゃ話した会話の中で、同じ話題が出てきました。
それは、小学校低学年も高学年も共通して出される夏休みの課題、読書感想文の話。
読む本は様々なれど、作文を書く力を育てるにはうってつけな課題。
とはいえ、自分の思いまとめて、起承転結を考えながら文章を作るのは、どの甥っ子姪っ子に聞いても難しいらしく、色んなあの手この手を駆使しながら書いている様子でした。
聞いていて微笑ましくもあり、自分の時を思い返すと何のアドバイスも出来ないのが歯がゆいばかり…。
そんな事を思いながら絵本図書館にいると、ゆう風舎にもそんな課題にピッタリな本が何冊もあるんです。
夏休みだから…感想文を書かないと…だからではなくとも、読書は日常に取り入れておきたい大切な時間。
大人な私もフムフムと思わされた話題でした。
まだ夏休みの終わっていないみなさ〜〜ん!
頑張って下さいね!!
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.08.26 Friday 19:02 | - | - | -
2016年後半スタート

ゆう風舎の夏休みも終わり、スタッフOも今日から出勤です。
今年の私の夏休みと言えば、あっちでお経をあげぺちゃくちゃ、こっちでお経をあげぺちゃくちゃ…。
あまり代わり映えのしないお盆&夏休みでした。
それでも久しぶりに会ういとこ・兄弟の近況や、そのお子ちゃま達の成長ぶりに月日の過ぎるスピードを感じずにいられない数日…こんな時間もたまには必要ですよね。
さてさて、沢山リフレッシュタイムを頂いたのですから、今日からまたエンジン全開!パワルフ2016年後半にしたいものです。
ゆう風舎の絵本図書館には引き続きドイツ・オーストリアの絵本がズラリと並んでいます。
ショップも爽やかなレースあり、秋を感じるディスプレイありで、季節がちょっとづつ進んでいるのを感じられますよ〜!
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.08.19 Friday 18:31 | - | - | -
難しい

先日から繋げ始めたベビーキルト、やっとアップリケに入りました。
絵本の色を見ながら布を合わせて行くのは楽しいひと時のハズ…ですが、今回は1枚1枚がなんだか目立ちます。
…と、いうことは布選びがいつもより大事かも〜?縫い始めてから気づきました。
すると、さあ大変!
どのパーツもさっぱり決まりません。
時には触れて、時には色・柄で、甥っ子がニコッとしてくれる様なベビーキルトが目標ですが、さてさて前途多難な予感。
ゆう風舎の夏休みの間にどこまで出来るやら…
頑張るぞ〜〜!
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.08.05 Friday 21:21 | - | - | -
みぃ〜つけた

先日のアリ・ミットグッチさんのカレンダーに目を奪われた後、実はこんな絵本を見つけていました。
『セラファンの大けっさっく』。
表紙同様、本文の絵も緻密な背景に可愛らしい男の子が…
どのページも独特な雰囲気がとっても素敵な絵本です。
調べてみると、この絵を描いているフィリップ・フィックスさんは1937年アルザス生まれのイラストレーターだそう。
しかも、この絵本の文章はアラン・グレーさんというのですから、豪華な絵本です。
洋書なものでお話がわかりませんが、素敵な男の子達の表情から楽しいお話に違いない?かな??

久々☆ゆう風舎ニュース☆
誠に勝手ながら、8月8日(月)〜8月17日(水)まで夏休みをいただきます。
2016年後半は8月18日(木)からとなりますので、よろしくお願い致します。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.07.29 Friday 20:40 | - | - | -
ドイツ・オーストリア

リネン&レース展も無事終了し、絵本図書館では次なる絵本展に向けて着々と準備中。
フムフム…なにやらドイツとオーストリアにまつわる本が集まりつつあるようですぞ。
毎回様々な絵本展に向けて行われる準備は、誰が見てもわかりやすく見やすく、ゆっくり絵本を楽しんでいただけるように…との工夫がいっぱいなされる時。
スタッフだから見られるちょっとお得な時間です。
そして恒例、通る度のチラチラ見!
今日は、アリ・ミットグッチさんのカレンダーが目にとまりました。
ドイツの絵本作家でイラストレーターの彼の絵はまさにカラフルワールド。
どの月の絵も楽しいものばかりです。
カラフル大好きな私の大・大・大好きな作家さんでもあります。
多くの彼の絵には沢山の人物が描かれ
、しかもどの人物にも様々な日常の出来事が起こっていて、どの場所を見ても楽しく見飽きることがありません。
一枚の絵の中で、怒ったり泣いたり笑ったり、様々な表情をみせてくれるのですから、小さなお子さんがお話の世界をドンドン広げるにはうってつけの絵本。
字がないのも納得の絵本です。
どの場面も素敵なので、大きな絵本やミニ絵本、カレンダーにパズルや食器、Tシャツにまでなってドイツの人のみならず世界中で愛されているのも頷けます。
真っ白なお髭が印象的なアリ・ミットグッチさん。
私にカラフルで自由な世界を教えてくれた絵本作家さんです。
スタッフO



パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.07.22 Friday 20:28 | - | - | -
またまた見つけました。

いよいよ後半に入ったリネン&レース展。
ちょこちょこ変化がありますよ!なんて言っていましたが、ちょこちょこどころかガッツリ変化が…なんと、タペストリーの新作が2枚も加わっていました。
どちらもブルーを基調としていますが、1枚はポップな薄いブルーが爽やかですし、もう1枚はしっとりブルーがラブリーなシーンにピッタリなタペストリーです。
見ているだけで幸せ気分にしてもらいました。

そして、もうひとつ目に入ったのは写真の絵本。
水彩画が柔らかな光を感じさせてくれるいせひでこさんの絵本、『おさびし山の桜の木』。
女性脚本家、宮内婦貴子さんの文にいせひでこさんが絵を描いて昨年出版された絵本。
文章を読んだいせひでこさんがお話に出てくる桜の木はソメイヨシノよりヤマザクラがふさわしいと、各地を旅しスケッチを重ねられて出来た一冊だそうです。
生きとし生けるもの短い生命の旅をして、大地に戻りまためぐる…。
そして、お話の中でまたもや光が出てきます。
大人はもちろん子どもさんにも何か感じてもらいたい絵本です。
宮内婦貴子さんの美しい言葉といせひでこさんの絵がジンワリ心に響いてくる一冊です。
スタッフO



パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.07.15 Friday 18:08 | - | - | -
こっちも…

ゆう風舎ではリネン&レース展の真っ最中。
出勤すればもれなく毎回爽やかなレースやリネンに囲まれ、幸せな気分です。
そして、家ではゆう風舎のオリジナル生地”KIDS SHELF”を使ってベビーキルトを作っております。
ベビーキルトを作る時間も毎回とても幸せなひと時。
甥っ子のベビーキルトなので、こちらも爽やかなブルーの生地でチクチクしています。
この甥っ子、年の近いお兄ちゃんに負けず劣らず…な、振る舞いがなんとも頼もしく、可愛らしい男の子。
お兄ちゃんの時は乗り物シリーズにしたので、今回は動物シリーズにしようと張り切っていますが、ひとつ心配が…。
昨年生まれた甥っ子ちゃん、スクスクズンズン大きくなってもう今にも歩き出しそう。
幸せな事ですが、ベビーと呼べないかも…そしたら何キルト?
大きくなってキルトからはみ出してしまわないうちに作り上げねば!
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.07.08 Friday 19:17 | - | - | -
ヒカリ

梅雨らしい日が続く毎日ですが、今日は梅雨の中休み暑〜い1日になりました。
熱くなればなるほどリネンとレースの世界がますます爽やかな世界に感じられます。
開催日数も長いリネン&レース展では、日が経つうちに作品の数が増えていたりディスプレイが変わっていたり、楽しい変化の毎日です。
今日も『おっ!お〜!』ってな発見が沢山ありました。
そんな作品の数々をテーマ通りヒカリで包んでくれているのが照明だったり窓から射す日差しだったりします。
写真のような楽しい仕掛けも!
ヒカリと言っても様々ですね。
天井から壁から窓からいろんなヒカリを楽しんでください。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.07.01 Friday 20:13 | - | - | -
ひかり

先日までブラック&ホワイトだったカフェの絵本棚。
今日はもう変わっていました。
『おひさまぷりん』『ちかちかぴかり』『月のひかりをあびて』…ふむふむ?おっ!これは!!27日から始まるリネン&レース展のテーマ『ひかり』にちなんだ絵本ばかり。
いろんな作家が色んな作品で『ひかり』を表しています。
しかも『ひかり』にも色々ありますね〜。
毎回のことながら、テーマにぴったりな絵本がたくさんあることに驚かされます。
今日は絵本図書館も着々とリネン&レース展に向けての準備が進んでいて、カフェとのコラボにも注目!ですよ。

そして絵本を見ながら、世界中が色んな状況になりつつある昨今、少しでもひかり溢れる世の中になることを願わずにいられない1日になりましたした。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.06.24 Friday 18:02 | - | - | -
エルジェ

リネン&レース展はもうすぐ…私の絵キルトはまだまだ…間に合うかしら?
絵本図書室もリネン&レース展に向けての準備に入る為6月21日までの開催となります。
あと少しすると、絵本に囲まれた素敵な場所は白とブルーの爽やかな世界に早変わりです。
なので、目に焼き付けとこう!と、また絵本図書館を通るたび、あっちこっちをチラチラ…。
珍しく目に付いたのはタンタンシリーズで有名なエルジェの絵本達。
どの絵本もカラフルでポップな色使いが潔く、少しも古さを感じさせません。
作者のエルジェ(本名ジョルジュ・レミ)は、1907年5月22日にベルギーで生まれ、タンタンシリーズ、クックとプッケなどを発表し、ヨーロッパ・コミックの父と称されるほど(なんてったって、75歳の誕生日には当時発見された惑星にエルジェと名前が付けられたんですから)。
エルジェのポートレイトを作成したアンディ・ウォーホールは、『エルジェはディズニーと同じくらい私の仕事に影響を与えた』との言葉を残していますし、ジョージ・ルーカスも『インディー・ジョーンズは、タンタンの冒険物語をコンセプトにしている』と、言っていたそうです。
およそ90年前に始まったお話しが今なお世界中で読み継がれる、そして何かしらの影響を与えてもらっていることに、今日もビックリ!なプチリサーチでした。
スタッフO
Check

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2016.06.17 Friday 21:07 | - | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS