<< 土台 | main | ブルー >>
おおきな木

絵本図書館の大きな扉を開けると綺麗なグリーンが印象的な一冊があります。

『おおきな木』
作 シェル・シルヴァスタイン
訳 村上春樹

1964年に出版され以来30以上の言語に翻訳され今現在も読み続けられているロングセラーです。
原題は『The giving Tree』。
まさしく与え続ける木のお話。
“無償の愛”とひと言でくくってしまって良いのか…?
きっとこんな愛の形が身近には沢山ある。
どちらが本当に幸せなの?
考えさせられまくりの一冊でした。
訳者の村上春樹さんもあとがきに書いていらっしゃいますが、一度ですんなりと納得する必要はなく、何度も何度も繰り返し読み返してほしいと…。
きっと、読む人の立場や世代によって考えさせられるポイントは様々だと思います。
だからこそ、何度も繰り返し読み返したい絵本であり、ロングセラーの所以なのでしょう。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2017.05.22 Monday 19:38 | - | - | -
スポンサーサイト

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2017.08.21 Monday 19:38 | - | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS