<< 黄色 | main | エコバック >>
Crow Boyからすたろう
20080303145725.jpg
今回私がセレクトしたおすすめ絵本は、八島太郎の「からすたろう」です。
アメリカ作家の絵本展を木金土曜と開催している図書館で、ひときわ異色な、純和風のタイトルと絵に目を奪われてしまいました見る

さすが移民の国アメリカです。多くの才能ある人たちがたくさん新天地アメリカへと移住していきました。八島太郎もその一人なのです。

タイトルも地味、絵もほかのアメリカ作家にくらべ、カラフルではなくとても落ち着いた色調なのです。
お話の内容も、少し陰のある暗い少年が出てきます。でも読み進めていくうち、なんだか懐かしい気持ちになっていきます。

カラスのいろいろな鳴き声の真似をする場面。その鳴き声を聞いているみんなが、その少年がどんなに遠くてさみしいところから学校まで帰ってきているのか知ることとなるのです。日の出とともに家を出て、日没に家に帰り着く、毎日毎日六年ものあいだ…。

私の小さい頃、小学校はとても近く、細い溝のあるせまい路地や小さな商店街の中をくぐり抜けながら通っていました子供。そこから漂ってくる、魚屋さんのにおいや、野菜や果物のにおい、小さな溝の水の流れる音が懐かしく思い出されました。

実際の体験をもとにこのお話は描かれたようですが、八島太郎は、その少年自身ではなく、『ぼくたち』のなかのひとりのようです。
きっとアメリカという国に住みながら、遠く離れた故郷を懐かしく思い出しながら、このお話を書いたのではないのでしょうか。

絵本の世界はとても不思議です。 私自身懐かしい子どもの頃にタイムスリップしてしまいました。
そんなところも絵本の魅力ぴかぴかなのでしょうね。

スタッフ M⌒☆

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2008.03.03 Monday 22:38 | アメリカの絵本 | - | -
スポンサーサイト

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.09.19 Saturday 22:38 | - | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS