<< ゆう風舎について | main | ゆう風舎 クリスマス絵本展 11/27〜12/22 >>
私のぬいぐるみ作りの原点

リネンのブルーの服のゾウさん

「私は、特別のぬいぐるみ好きではありません。」
と言っても誰も信じてくれないくらい
今の我が家にはたくさんのぬいぐるみがあちこちにあります。

子供の頃からウサギやクマのぬいぐるみを抱きながら眠るクセはなかったし、
また、そんな時代でもありませんでした。
でも、よく考えると確かに憧れはありました。

まだ、白黒だったテレビのアメリカのホームドラマに出てくる少年の部屋にあった
大きなふさふさした毛並みのクマや、イヌのぬいぐるみ・・・
当時でもデパートのおもちゃ売り場に行けば立派な毛並みの、
素晴らしい動物達が並んでいて、そしてそれらはすべて大変高価で
「買ってもらえるもの」ではなく、ため息をつきながら眺めていた記憶があります。

ですから、私の部屋に少し大きめのセントバーナード犬、
多分、中国製の何だか安価な毛並みも少し短めなぬいぐるみが
やってきたのは、高校生になってから。
多分、おこずかいをためて「安いのを見つけたから」買ったのだと思います。

それでもうれしくて、うれしくて、
当時大ファンだった沢田研二さんにちなんで、
「ケンザエモン」なる名前をつけて可愛がっていたものです。

でも、実はもっと小さい頃(小学校3〜4年?)
忘れられない大切なぬいぐるみを持っていたのです。
どこへ行ってしまったかわかりませんが、
今でもはっきり、色も形も持った時の感触も覚えています。

それは、ねだる私に初めて母が作ってくれた小さなおサルのぬいぐるみです。

当時、母は編み物も洋裁も得意で、私の身に付けるものは、
全て母の手づくりという具合でしたが、
人形やぬいぐるみを作るという趣味はなかったようですし、
時代としても、そんなに贅沢な感じでもなかったように思います。

だから、本当に見よう見まね、初めてそんな物を作ってくれたという訳です。
今のように、多種多様な美しいコットン布が手軽に手に入るわけでもなく、
今考えたら、ずいぶん針通りの悪い硬い「ブロード」がやっとあるくらいでした。

多分、何かの雑誌の片隅に型紙が載っていたのだと思いますが、
顔の丸い、しっぽの長い、茶色の無地のおさるさんでした。

名前は一目見て、「ぺるま」と名づけました。
どう見ても、「ぺるま」以外には考えられない気がしました。

私はうれしくて、うれしくて、毎日学校から帰ると
家中「ぺるま」を連れて遊んでいたのです。

それから、何十年・・・

時を経て、いろいろな作品を作ってきましたが、
また最近なんだか「ぺるま」に戻ったようなぬいぐるみ作りをしています。

テーマは、ズバリ「お母さんが作ってあげる素朴なぬいぐるみ・・・」

ぶきっちょでもいい、簡単な作りで子どもの手で持っても柔らかいように、
綿もカチコチに詰めないで、手足がブラブラ、余った端布で作ったような・・・

でも、こうなるにも、ちょっとしたキッカケがありました。
それまでは、それこそ、有名なシュタイフ社のテディベアを
模倣したような「きちんとしたクマさん」や
4本足を2本足に省略したようなウマさん、
図鑑を一生懸命に眺めて型をおこしたリスさん
というものを作っていましたが、

ある時、神戸の小さな子供服を売る店の片隅に座っていた
ウマさんのぬいぐるみを見て、「ガーン!」とカルチャーショックを受けたのです。

それは、とても日本人には考えられないようなウマさんでした。
(じつは、ウマさんではなく、キリンさんだったことを後で知りましたが・・・)

ペラペラの白っぽい、クタッとしたシャツのような生地で、
胴も首も頭もかんたーんにひとかたまり。

ウマのくせに、おしりで座っていて、
ダラーンと長い手と足がブラさがっていて、
綿も申し訳ない程度に入っていて、
それこそ、誰にも作れるような、まさに素朴な素朴なぬいぐるみ。

フランスのそれほど器用ではない若いママが
小さなベビーのために作ってあげたに違いない・・・
それが、なぜだかめちゃくちゃ気に入ってしまいました。

残念ながら、それはディスプレイ品で売ってもらえず、
仕方ない、それから何度も何度もその店に足を運んで見に行きました。

じつは、そのぬいぐるみは、外国おもちゃの特集の本にも載っていた
メジャーなものだったようです。

「あー、あんなに肩の力の抜けたとぼけたウマさん!(じつは、キリンさん)」
を見るたび、なんだかうれしくなったものです。

家へ帰ってから、試行錯誤・・・
私のぬいぐるみ「ブラブラ○○さん」シリーズが生まれました。

その4つ目の作品「リネンのブルーの服のゾウさん」が
某雑誌の表紙を飾って、何人かの「初めて作った」方の
ゾウさんの写真を拝見させてもらう度、
幼い頃「ぺるま」をもらった時の喜びがよみがえってきます。

上手、下手なんて関係ないと思います。

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2006.07.25 Tuesday 01:05 | ぬいぐるみ | - | -
スポンサーサイト

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.09.19 Saturday 01:05 | - | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS