糸のたのしみ

「暑いですね💦」と挨拶するのも嫌になるくらいに暑い日が続きますね。

ちょっと長めのお盆休みも終わり、ゆう風舎も元気に営業しています。


今年の夏は、いつもと違う夏休みを過ごされた方も多いと思います。

我が家も遠方にいる兄弟は帰省を取りやめた為、いつもの賑やかな親戚の集まりもなく、都会にいる娘も帰ってこず、毎年楽しみにしている夏の旅行も諦め、なんだか静かな夏休みになりました。


まだまだコロナにも、熱中症にも気をつけないといけませんね💦


そんな中、家で出来る楽しみがある、という事は幸せな事です。

ミシン仕事も大好きだけど、ちょっとの隙間で出来る針仕事も大好きです。

『糸のはじまりは 楽しみのはじまり』

ダルマ糸のコンセプトだそうです。

なんだかワクワクする響きの言葉に共感してしまいました!


難しい刺繍は出来ないけれど、ちょっと刺すだけでも、何気ない布が温もりのある物になるのが布と糸の魅力です。


グリーンの糸でリース風に刺して、ちょっとビーズも加えて、がま口バックにする予定。

完成まではもう少しのおたのしみ💗


            スタッフT











パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.08.21 Friday 22:19 | - | - | -
お休み中

ただ今夏休み真っ只中のスタッフOです。
夏休みとはいえ、どこにも出かける予定もないので、大好きな映画を見たり、普段はしない場所の掃除をしたり、ほんとにのんびり過ごしています。
中でも、一足遅く来た手作りマスクブームにより、山ほどマスクを作りました。
写真のは、夫婦2人分ですが、実は実家の父・母、妹一家、弟一家の分も作り、小さな机の上に大小のマスクが山盛りに!
『妹はこんなの好きそう、姪っ子は〜』と、考えながら生地を選ぶのがとにかく楽しく、苦手なミシンも徐々に早くなったようなならなかったような。
暑い日も続きマスクも辛い毎日ですが、ちょっとでも楽しくなると良いなぁ、そして、少しでもこの状況の中健康を保つお手伝いが出来れば良いなぁと、願いを込めつつ…の夏休みです。
ゆう風舎は20日(木)から、OPENします。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.08.17 Monday 17:43 | - | - | -
暑中お見舞い

先日、知人から久しぶりにLINEが届きました。開けてみると、花火の動画にメッセージをのせた暑中見舞いでした。

今年の夏は花火大会も夏祭りも、帰省でさえ自粛モードになってしまって、毎年恒例の親戚の集まりも今年はお預けです。

そんな中の花火の動画のLINEはちょっと心がほっこりしたように思います。

と思いながらも、暑中見舞いも動画の時代になってるのかぁ〜。とちょっと驚きもありました‼

そういえば、最近は暑中お見舞いのハガキは届いてないなぁ。と改めて気づきました。


だからこそ、今、直筆のメッセージを添えて暑中お見舞いを書きました!

夏らしい絵柄のポストカードを選ぶのも楽しいし、相手を思いながらメッセージを書くのも楽しいです。


いろんな楽しみがなくなり、会いたい人にもなかなか会えない今だからこそ、ポストカード気持ちを込めて送ってみるのも良いですね!

             スタッフT




パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.08.07 Friday 20:53 | - | - | -
さて?

遠慮がちだったセミがうるさいほど鳴き始め、いよいよ8月が始まりました。
『今の絵本棚は、何つながり?』
質問されてもさっぱりわからなかったのですが、作家さんの名前のタグの下に何やら日付けが…。
パッ!と閃きました(大袈裟(^。^))
8月だから?お盆だから?
8月に亡くなられた方ばかりの絵本棚になっていました。
作家さんだけでなく、寅さん演じる渥美清さんも8月に亡くなられたんですね。
大好きなおさるのジョージの作者H・A・レイさんや建築家ル・コルビュジェさんなんて、お名前も…。
"生まれた月集まり"も"亡くなられた月集まり"でも、絵本棚はバラエティ豊かです。

☆ゆう風舎ニュース☆
ゆう風舎では、8月9日(日)〜19日(水)まで夏休みをいただきます。
20日(木)から、また元気に2020年後半スタートします、どうぞよろしくお願い致します。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.08.03 Monday 19:59 | - | - | -
ひかりの中へ

7月も今日でおしまい。近畿地方では梅雨明けが発表されました。

今年は長梅雨とは言い難い大雨が続き、各地で大変な被害が出ています。

被災地の事を思うと本当に胸が痛みます。


コロナの猛威も収まる事なく、連日の感染者の数が報道される度に不安が募るばかりです。

ゆう風舎の展示会も、苦渋の決断で中止となって、楽しみがまた一つ先延ばしになってしまいました。

コロナと共に新しい生活様式を!とよく耳にしますが、社会の中でも、そして家庭の中でも当たり前であった事が当たり前に出来ない日常が息苦しく感じてしまいます。


なんだか、暗〜い話ばかりになってしまいましたが、そんな時こそ、前を向いて❗


今朝オープン前のいつも掃除をしている時、いつものように玄関のドアを開けると、ぱぁ〜と明るい陽が射しこんできて、昨日まで降っていた雨に濡れた葉の滴に反射してキラキラと輝いて、明るい希望のひかりのように思いました。

まさに『ひかりの中へ』を再現したかのよう!ふっと心が和んだ瞬間でした。

自然の中で美しさと力強さ、布が生み出す優しさに、前を向く力をもらったように思いました!


高原ゆかりパッチワークキルト(夏)をクリックして、『ひかりの中へ』をチェックしてみてください!

心に響く素敵な作品のひとつです!


           スタッフT



パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.31 Friday 21:24 | - | - | -
気になってます。

毎日、何かしら目に止まり気になるゆう風舎。
今日はこちらの2冊。
1冊は『すまいる』。
表紙からもわかる様に鮮やかな色とハッキリした絵で中もカラフル満載です。
色んな"すまいる"が、繰り返し出てきて赤ちゃんと一緒に読み聞かせる人も笑顔になりそうな一冊。
最後に楽しい仕掛けも!

もう1冊は『風のことば 空のことば』。
読売新聞の『子どもの詩』の長田弘さんの選評にいせひでこさんさんの絵が一冊の本になっています。
子どもの心だけではなく大人の心にもグッと響く、まさに"語りかける辞典"です。
今こんな時だからこそ、子どもも大人も読んでみてほしいと思う、もう一度色んなことを根本から考えたい…そんな本にまた出会えた1日でした。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.27 Monday 19:03 | - | - | -
日常の中で。

世間は4連休の真っ最中。

本来なら東京オリンピックが華々しく開幕していたはずですが、世界中はコロナ禍の中でそれどころではありません。

毎日最多更新して行く感染者の数に不安を覚えながら生活している中でのgotoキャンペーンは更に不安を感じてしまいます。


地方に住んでいると、感染地域への往来は避けたいものです。とは言っても家でじっとしているのもストレスです。

私個人の意見としてはまずはご近所で楽しむ事!遠くに行かなくても意外に知らなかった素敵は場所は結構あるものです。


こんな時だからこそ、我が街の良いところ探し旅をしてみるのもいいかも!

視点を変えると、何気なく見ている風景も新鮮に映りますよ!


いつも見ているゆう風舎の玄関も、改めて素敵スポットです😊


              スタッフT


パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.24 Friday 20:41 | - | - | -
ブルーです。

ただ今、ゆう風舎の玄関扉を開けるとすぐ横はブルーです。
少〜しご紹介。
写真左の絵本『みず』は、題名通り水のあれやこれやを1冊の絵本にまとめた科学の絵本です。
こんな角度から水のことを考えることはないかも…なんでページもあってなかなか見応えたっぷりです。
その横のま〜るい箱は、乗り物のパズル。
気球やはしご車、船のパズルも入っています。
このシリーズのパズルは、お子さんの手に馴染みやすい大きさと、可愛らしいボックスに入っているので、何度でも作って楽しんでもらえるのが特徴…毎回言ってますが、お片付けが楽しくなるパズルです。
ブルーのコーナーお楽しみくださいませ!
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.20 Monday 18:32 | - | - | -
先週に引き続き

先週はいろんな素材や大きさのボウルを集めましたが、今週はこんな感じ。
思いがけずブルーのボウルばかりなってますが…何つながりかというと、フランス『ディゴワン&サルグミンヌ』というブランドつながりです。
その歴史は古く18世期末にアルザス・ロレーヌ地方サルグミンヌで窯が開かれ、顧客にはナポレオン3世がいたり、現代でも名窯、ドイツの『ビレロイ&ボッホ』との協力体制をとるなど順風満帆でした
ところが、普仏戦争でサルグミンヌがフランス領からプロイセン領になると、フランスへの輸出に多額の税金をかけられてしまうことになり、フランス内陸部のディゴワンに工場を作って『ディゴワン&サルグミンヌ』になったそうです。
その後もサルグミンヌとディゴワンに別れた会社になったり一緒になったり紆余曲折あったようです。
サルグミンヌ時代は主に貴族に向けた食器を作っていたようですが、『ディゴワン&サルグミンヌ』になってからは大衆に向けた食器も作られるようになって、親しみやすい器が沢山生み出されています。
毎日使っていたいものに歴史がたっぷり詰まっているなんて、毎日のちょっとしたお茶の時間が益々贅沢時間になりそうです。
スタッフO

パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.13 Monday 20:56 | - | - | -
ハイジの山

ハイジの家がやっと完成します。

おじいさんの山小屋は順調に仕上がっていったのですが、苦戦したのがやっぱり人物と背景でした😓


アルプスの少女ハイジ、というだけに、アルプスの大自然はなんとか表現したいと思いつつも、草原はどうやって作ろうか?と考えながら押し入れの布ストックを探していると、フェイクファーを見つけました。随分前に買ったまま、押し入れに入りっぱなしだったのですが、ここで活躍するとは思ってませんでした。

緑に染めてみると、なんとなく草っぽくなったかな?

草原のお花は岩肌の淵に自然とは咲いてるように。とのアドバイスを受け、岩は粘土に色を塗って作り、グリーンモスで苔を生やしてみました。

お花と草は刺繍糸で。


ミニチュアやジオラマのいろんな手法はあるんだろうけど、布と糸を使うと、優しい温もりが感じられらように思います。


一度はスイスのアルプスの山に行って、本物のお花畑を見てみたいなぁ。


            スタッフT


            



パッチワークキルトキット 高原ゆかりの手芸キットの通販・販売

| 2020.07.10 Friday 22:00 | - | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS